SMART
LAB

OUR

STORY

  • 本物への想い 01

    美術品には新作と贋作がある。 真作とは間違いなくその人の作品であること。 贋作とはオリジナルとは別の作者によって模写、模作され、その作者の名を騙り流通する美術品。

    贋作の歴史は古くストックホルム博物館にはエジプト時代のパピルスに、ガラスから宝石を作り出す方法が書かれていたものがある。今回のNFTは、正に真贋を見極めることができるというところがポイントになる。それも特別なスキルを持った者だけということではなく誰もが見極めることができる。つまり購入者はもう意に反して偽物を摑まされることがないのである。

  • 本物への想い 02

    「本物」の意味には作品の真贋だけでなく、見せかけではなく実質の価値を備えているという意味もある。

    現在、巷では全く価値のない又は作品とは呼べないものまでもがNFT化し、あたかも価値が上がるかのように見せかけて流通させようとしているものが散見される。私達が重要視していることは、NFT化して価値を高めようではなく、価値のあるものをNFT化しようである。芸術作品とは決してその辺りに転がっているものではなく、極めて希少性の高いものであり、それらの作品をNFT化してこそ世界に出せるのである。

  • 本物への想い 03

    2の部分においてそれは作品だけでなく実社会における事業においても当てはまる。見かけだけ良い事業は必ずメッキが剥がれる。このNFT業界もその通りで、急速に盛り上がりをみせたものの今は少し落ち着きを見せている。これから先本格的な淘汰が始まり収斂されていくだろう。私達はそのように進むことを望んでおり本物だけが残るフィールドで戦いたい。

KABUKIという

名称への想い

明治初期、フランスにおいて日本の芸術品、特に浮世絵が一世風靡した。ジャポニスムという名も生まれ、私達も葛飾北斎、東洲斎写楽、喜多川歌麿など耳にしたことのない方は少ないのではないだろうか。

こららの人物は自身の作品が認められただけでなく、世界的に有名な画家フィンセント・ファン・ゴッホやクロード・モネなどにも影響も与えたのである。

私達日本人はヨーロッパに浮世絵が芸術として広く認められたことは知っているが、インターネットのない時代にいったい誰がどうやって広めたのか、それを知る人はほとんどいない。

実は明治初期に単身海を渡り世界に浮世絵の存在を知らしめた男がいたのである。

林忠正 この人物がフランスに渡り、ゼロから美術商として根を張り、浮世絵を芸術として認めさせたのである。

私たちがやろうとしていることは、日本で埋もれている芸術家が一気に世界に翔ける、その道筋を作りたいと考えている。今は林忠正の生きた時代と違い常に世界と繋がっている。

この環境を生かし、林忠正の功績のように世界が認めるコンテンツアグリゲーターになることを思い、KABUKIと名付けた。

NFT作品

NFT事業

NFT作品

U6アニメーションがニコ動でデジタルコラボレーションアートのライブドローイング番組を実施、その作品を独占的にNFT化

NFT事業
  • フェーズ1

    デジタルコラボレーションアートの制作、毎月1回日本のトップアーティストによるライブドローイング番組を放送。

    作品のステージエフェクト、モーションキャプチャー、デジタルシグネチャをNFT化。配信プラットフォームはニコニコ動画。

  • フェーズ2

    アニメ・漫画等のセル画及び原画をNFT化し、展示、オークション販売。

    有名作家を皮切りにNFTコンテンツアグリゲーターとして2021年12月までに500点の作品展示見込み。

  • フェーズ3

    アニメ・漫画に拘らず希少性の高い芸術作品を実際のオークションにて買い付け、最終的には作品保有数1万点、時価総額100億円を超える日本最大のNFT事業団体として発展させ、その保有作品を世界中のデジタル美術館と連携し、世界的に知名度を上げる。

NFT市場の

可能性

NFT及びNFT関連通貨の価格変動については明らかに他の通貨とは違う。通常の通貨のほとんどは市場の盛り上がりを見て短期的な売り買いを繰り返すパターンが主流になっているがNFTは違う。

今のNFTはまさにBTCの初期に当てはまる。初めて触れる仮想通貨のテクノロジーに混沌としながらもBTCの価格が跳ね上がったように…そのような空気、NFT関連銘柄を今、購入しておけば将来価格が跳ね上がるかもという期待値が含まれている。

なぜそう言えるのか?

現在、NFTは急激に注目を集めているものの市場全体としてはまだまだ小さい。

仮想通貨市場 2兆ドル

NFT市場 3億ドル未満

それゆえにこれから規模が拡大できることが期待できる。

仮想通貨長者という言葉も生まれた業界だが、それでも本当のチャンスは少ない。そのチャンスに気づき、いかに掴むか、それに尽きる。

  • Enjin

    MicrosoftやSamsungと提携。

    35種類ものオンラインゲームで利用可能するNFT。異なるゲーム間でアイテムの売買が可能になる。

  • Flow

    クリプトキティをリリースしたDapperLabsが作成したブロックチェーン。イーサリアム上で代表的な通貨。

  • Rarible

    NFT作品を購入することができるプラットフォーム。Raribleで販売or購入するだけでマイニングが可能。毎週RARIトークンを付与され、直近3ヶ月の間に10倍に上昇。

  • Chilliz

    スポーツクラブとそのファンを繋ぐNFT。エンジンと提携し、バイナンス、ChilizExchange、HitBTC、Bitcoin.com、Changellyに上場。

SMART

LAB

KABUKIトークンユーティリティ
  • 歌舞伎が提供するオールインワンダッシュボード内での利用
  • ガバナンスへのコミュニティ投票
  • Initial NFT Offeringへの参加
  • 歌舞伎ホルダーへの配当権

SMARTLAB

TEAM

  • representative director 田巻富士夫(ジミー)

    1987年生まれ

    2000年 ジャニーズ事務所に所属、ジャニーズJr.として活躍

    2009年 野村証券株式会社 エクイティトレーディング部に配属

    2013年 みずほ証券 エクイティトレーディング部に配属

    2016年 FunLife 設立、代表取締役に就任

  • director 石侍露堂

    武蔵野美術大学卒業。 旧ソ連に留学中、名匠タルコフスキー監督の勧めにより造形作家から映像作家へ転身。

    1987年 ドキュメンタリー映画の監督として独立すると共に映像制作会社を設立。 主にヨーロッパと中近東を題材とした映画作品と TVドキュメントを手掛ける。

    1992年 初の長編劇場映画である日ロ合作映画「イコン伝説」をソ連邦が崩壊する中で監督。

    1994 年 渡米し、ハリウッドで劇場映画の監督として活動。ショーン・コネリーの息子であるジェイソン・コネリーやミラ・ ソロビノ、ジョゼフ・ファインズなどを用いた作品を監督。

    1999年 再び日本にて映画製作をする傍ら、複数の映像関連 の専門学校の講師を務める。

    主な映画作品 「ヴィア・ドロローサ」「砂漠の修道士」「ゴーマ」 「アルザス過去りし日々」「ムードンの森から」 「イコン伝説」「サクセサー」「宣戦布告」「アイアム」 「てのひら物語」 など

    2014年 映像と芸術の振興財団設立(代表理事) 2020年てのひら映画祭 主宰者

  • 向井加寿子

    1978年 マックシスター兼チーフデザイナー就任

    1981年 サンクエムセゾン全社企画部デザイナー

    1994年 株式会社フルレールにてブランドディレクター就任

    1999年 ブランディング会社ケープラス 設立

    代表取締役 現在に至る

    婦人向けアパレルやファッション企画に携わる

    2012年4月〜2018年

    和洋女子大学家政学類服飾造形学類 准教授

    産業能率大学 兼任教員 就任

    自由が丘産能短期大学兼任教員 就任 

    至現在所属学会 ファッションビジネス学

  • 山本章浩

    1965年生まれ

    1992年1月 エアーインディア入社(伊丹大阪国際空港 勤務)入社

    1994年3月 株式会社ウィズウェイストジャパン(環境バイオ事業部)入社

    1996年12月 株式会社 ゆう 環境バイオ事業部 入社 部長就任

    1997年2月 有限会社 バイオスタンダード 設立 取締役就任

    1999年3月 環境NGOアジア環境連帯 常任理事就任

    2004年3月 職業能力開発総合学校 東京校 環境管理技術科 外部講師 就任

OUR

ROADMAP

  • 2021/3

    NFT事業化プロジェクト 発足
  • 2021/5

    海外法人スマートラボ社 設立
  • 2021/7

    Whitepaper公開
    ニコニコ動画ライブドローイング番組スタート
  • 2021/8

    一流アーティストによる生ライブの実施、及びライブのNFT化
    歌舞伎コイン ( Ticker : KABUKI ) DEXへリスティング
  • 2021/9

    オークションプラットフォーム ローンチ
  • 2021/12

    オークションプラットフォーム アップデート
  • 2022

    VRプラネタリウム館
    メタバース施設構築

FAQ

  • NFT作品はどこで購入できますか
  • 購入したNFT作品は転売することも可能ですか
  • 絵画以外のNFT作品はありますか
  • 歌舞伎プロジェクトについてもっと詳しく知りたいです。
  • KABUKIトークンはどこで購入できますか?
  • KABUKIトークンの購入方法を教えて下さい
  • KABUKIは中央集権型取引所への上場は考えていますか